未経験からAI開発ができる確率は。。。

ドリームラボの宮本です。

結論から言うと未経験からAI開発ができる人は限られています。ですが、条件にあてはまる人は入れる可能性が上がります。AI開発の実情と可能性の高い条件を書きます。

1、Pythonは簡単な言語

AIの開発ではPythonが使われていることが多いです。確かに言語としては簡単なので未経験でもスタートしやすいです。ですがPythonがかけるので仕事ができるというわけではありません。元々Pythonは研究者向けの言語なので、言語は簡単にできてます。その代わり他のことができないといけません。それは論文の理解や、論文からの実装です。見習いのデータサイエンティストやAIエンジニアでは論文関係ないよとか言う人もいるかもしれないですが、それは本質的ではありません。そもそもAI自体は数学の塊なので、そこから逃げることはできません。AIの案件が少ないと言う風に言われますがそれはちょっと違ってて、求めるレベルをできる人がいないので案件がない。と言うことになります。

2、未経験から入れる確率が高い人

AI開発に未経験から入れてる人もいます。

それは学歴のある人です。英語や数学のスキルが高い人、あるいは学歴があって一定の分野で結果を出してるような人は入れることがあります。例えば医師をやっていた人で、1年勉強してgoogleに入った人が話題になりました。その方はプログラムの勉強は独学でやってたようです。どこか違う分野で努力していたのは認められるのです。

Javaや他の言語で3年以上業務経歴があって、AIが未経験の人で勉強を頑張ってることがわかる人。このタイプの人はわりかし仕事があります。ですが最低でも英語の論文を読むのはやろうと思えばできるレベルは最低でもクリアする必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。AIの開発をするのに努力は必要ですが、あまり努力という感覚を持つ必要はありません。2045年にシンギュラリティということを言った偉い人がいました。人は今新しい時代を迎えようとしていますし、それを切り開ける可能性がある仕事です。努力はしなくても気になってツイ勉強してしまう。そんな人が向いているのではないでしょうか。

フリーランスエンジニアやエンジニアに興味が湧いた方や、ちょっと相談してみたいような方は登録してみてください。

LINEでフリーランスエンジニアになる為のエッセンスを配信中

友だち追加

タグ