エンジニアが手に入れる3つの自由

どこでもプログラミングのミヤモンです。

ITのお仕事で3つの自由について説明します。

1、時間の自由

エンジニアで時間の自由を手に入れるにはSIerからWEBに移る必要があります。言語で言うとWEBフロントエンド、バックエンドの仕事やモバイルの開発などが時間が選べる可能性が高いです。AI系の仕事でも時間がある程度選べることが多いです。これらの仕事ではフレックスという制度が使われてます。コアタイムのあるフレックスとコアタイムのないフレックスがあります。コアタイムとは決まった時間は絶対に仕事をしている必要がある時間です。コアタイムが10時から17時でフレックスとか会社によって条件があります。多くの会社はコアタイムがあります。コアタイムがない場合もあります。コアタイムがない会社はエンジニアレベルが高い会社であったり、チーム開発をしないで1名完結で製品開発をしていたりします。

逆にSIerで時間の自由度が高い会社はあまり見たことがないです。

フリーランスエンジニアになると仕事をしない日を決めやすいですが、これはWEB系の正社員でも比較的自由に決めているのでそこまで変わらない場合もあります。

2、場所の自由

WEB系の仕事ではフルリモートか選択制のリモートがあります。フルリモートでうまくいく会社というのは少人数開発の会社で、1人完結できるレベルの人しか在籍していない会社です。自分1人で完結できるのであれば場所は選べます。近くのカフェで仕事したり、海外旅行に行きながら仕事したりすることもできます。ただし楽しいのは初めだけかもしれません。会社があって良い椅子やディスプレーがある方が仕事の効率が高かったりします。会社で聞こうと思えば質問できる専門家が集まってるのも魅力に感じることもあるかと思います。

最近ではコロナの影響でSIerでもリモート が始まっていますが、これが本当に続くのかは神のみぞ知ると言った形です。

3、お金の自由

フリーになると給料が増えるいうのもあります。3年目のエンジニアでちゃんとやってれば月に60万以上は売上になる可能性があります。ですがこれは売上なので経費など引くと実際もらえる額は変わります。普通に社員で転職しても2年目で月40万になった人もいますので、自分の頑張り次第かと思います。

自分の頑張り次第では時給1万から10万くらいは狙えます。あとは一発当てるのもできるのがITのいいところです。努力して仕事をしていると3年くらい仕事をして5000万〜10億程度のお金を手に入れるような人を見るようになります。

起業して会社を始めた人で3年以内に100人くらいの社員になっていました。数億の資産価値でしょう。

アプリを知り合い同士で出した人は1日目の売り上げが500万でした。これが5年以上続いていました。

WEBサービスを出した知り合いは1年の売り上げが1億超えていました。

私もこういうのを目指してます。普通に努力して時給が上がるのは楽しいのですが、もっとレベルアップできないものかと思うようになることもあると思います。

まとめ

いろんなエンジニアライフについて紹介しました。

フリーランスエンジニアやエンジニアに興味が湧いた方や、ちょっと相談してみたいような方は登録してみてください。

LINEでフリーランスエンジニアになる為のエッセンスを配信中

友だち追加