70歳超えてプログラミングを始めた若宮正子さん

ドリームラボの宮本です。

プログラムを始めるのに遅すぎることはありません。若宮正子さんは70代で趣味でプログラムを始めて有名になった方です。自力でIOSモバイルアプリを作成してリリースを行うことも可能です。

1、定年後の趣味でプログラミングをやる選択肢

退職後に若宮さんは独学でパソコンの勉強を始めます。初めは専門用語も多く苦労したようですが、諦めずにチャレンジした結果「メロウ倶楽部」というシニア向けの掲示板サイトを立ち上げます。

本職でエンジニアをしている人でも自分1人で製品を開発できない人はいます。これが年齢は関係なく地道に努力をする威力です。

2、TED出演

その後ExcelArtという取り組みが認められMicrosoftからコラムを書いて欲しいというオファーがきます。2014年にはTEDの出演まですることになります。

日本のシニア世代でプログラマとして活躍できる人が多くなることは日本にとってもいいことだと思います。

3、アプリのリリース

その後にIOSアプリの作成を始めます。いろいろな人に教えてもらいながら進めたということですが、半年かけてhinadanというアプリをリリースします。

是非チェックしてみてください。

https://apps.apple.com/jp/app/hinadan/id1199778491

若宮さんの情報発信はこちらでも確認できます。

http://marchan.travel.coocan.jp/

まとめ

プログラミングは年齢関係なく趣味としても始めることのできます。

フリーランスエンジニアやエンジニアに興味が湧いた方や、ちょっと相談してみたいような方は登録してみてください。

LINEでフリーランスエンジニアになる為のエッセンスを配信中

友だち追加